成長の途上で心も体も不安定なのです

子どもの世界

かなり高い神社の塀から落ちて、骨折したこともある四谷の家へ引っ越してきた当座は、屋根に登ったり、月光仮面の真似をして、塀から飛び降りたり危ないことを平気でやる。器用で何をやってもうまい。長じてはマラソンをやれば1等になる。グライダーにも乗る。とうとうカー·レーサーまでやってしまう。しかし、それもある年齢までで今はすっかり落ち着いている。
次男のほうは、あちこち目が向かないで、趣味はただ一つ。ヒコーキマニアである。
ら原稿を頼まれるまでになった。そして黙っていても医者になっ航空雑誌か考えてみると、長男はほとんど放ったらかしだった。子どもの面倒を見る余裕がなかった。
ために親は、一生懸命だったから、そのために野育ちだ。粗衣、粗食で育っている食ういちばん辛い時期が過ぎて、日本全体に多少のゆとりが出てきた頃に次男が生まれた。
11年はずいぶんとちがった。



母親になるということはすばらしいことです。
子を大切に育てられるだけの余裕ができていたあの頃のわが家では、長男と次男の公式の逆をいく性格の違いの要因のひとつがそのへんにあると思うむろん、環境だけでなく、素質というものが一枚かんでいることは、精神医学の常識であるからこの事は忘れてはいけないが、従来はこの環境というものが忘れられがちであったから、わたしはあえて、環境に重点をおいてこの項を書いたのだ子どもの自主性を尊重するのは、父親の役割こんなことがあった。

  • 子どもたちはいろいろに思います。
  • 母さんなんか大ツ嫌い!
  • 勉強していくものだと思います。

教育ではくさんある。

子供にぶつけ女房は子どもの頃からバッハ、ベートーベンを聴くというような音楽的な子どもたちの情操教育を音楽でやらせようとしたのも無理はなかっ家庭で育ってきたので、当然、長男に、バイオリンの先生をつけたが、その先生が厳しくて、宿題は出す、やってこないとビシビシやる、それでとうとう先生のところへ行かなくなってしまった。それでも家内が手を引いてむりやり連れて行くということが、二、三回はあった。しかし、そのうち長男は断乎として拒否するようになった。
わたしはこれは合わないと感じて、思いきってやめさせてしまった。ところが、それから何年かして中学生になったら、音楽に夢中になったのだ。グループサウンズを結成して、コンクールで一位か二位になったりした。
成長の途上で心も体も不安定なのです

母さんはこのような人だろうと思う音楽的な素養は充分にあったわけだ。だが、小学生の頃は一種の強制で
自由意志でなかったので、逃げたりしたのだろう。もっとも子どもの頃に前途を見通すだけの能力などはありつこないのだから、ある意味での強制が必要なこともあるだろうが、これはだめだと見極めをつけたら、さっさと見切りをつける勇気も必要だ。
その場合は、母親よりもむしろ父親の役目だ。
そんな母親を説得するのは父親の出番なのだ。
母親はどうしても、子どもに何でも習わせたがる。
ただ、たとえ下手であっても本人にやる気があったり、楽しみの一つであれば、続けさせればよい。往々にして、こんなことをしたってお前の一生に何の役に立つのかと世の父親、母親はよく言いたがるが、もし余力があれば何でも経験させるべきだ。そのために、落第したり、本来の勉強がおろそかになるようだったら話は別だが、人生の実利とは無関係でも夢中になれるものが、二つや三つあってもいいのではないだろうか。

教育改革の具体策として論議されているようです

母親はどうしても実利的なことに結びつけたがるが、そんな時は、父親が子どもの味方になってあげる必要がある。
次男は今は飛行機専門だが、子どものころは天文学に夢中だった。
トして、一晩中空を眺めていた。
冬の寒い夜でも望遠鏡をセッ一つのことをとことんまでやりそうだと思ったら、少々のことには目をつぶるべきだ。子どもが本気でやろうとしているのかどうかはすぐわかる。ひと月もすればすぐ飽きてしまって、次のことに夢中になるようではだめだ。三カ月、四カ月とそれに夢中になっていたら、これは本物だから許してやらなくてはいけない。
子どものことだから、本格的に長続きすることばかりではないかもしれない。
母親への依存度が高い子ほど危険一時期しき

中学へ行くまでの十二年間親の方

子供を一人前の社会人へしかし大人になってからでも、夜空の中から遠い星を探し出した感動とか、そのときの情熱というものは人間的な糧となってあとに残るはずだ。
-親は子どもの趣味には口をはさまないわたしは実生活に直接役に立たないような趣味を持っていることが、その人を大きくさせることだと思う。そういう意味で、子どもが趣味を持つということに反対はしない時に、親の目からは、もっと別のことに興味を持ってくれればいいというような趣味であっても、子どもがそれに興味を持つのは仕方のないことだと思う。

母さんもたくさんいます。

勉強にして

子供たちの半分はカギツ子であるわけだ。

この子は牛乳を飲ませると、すぐ吐くとか、牛乳を飲ませると、すぐ下痢するので飲ませませんという母親がいる。わたしの経験でも、牛乳はたしかに下痢することがあると思う。だが、牛乳というのはカルシウムの補給に大事なものであるから、下痢をしてもどんどん飲ませているうちに、体が慣れてくるものだ。ところが、今の母親は子どもを大事にしすぎるのか、自信がないのかこれが実行できない。
飲ませなさいとわたしが言っても、母親は言うことを聞かない子どもがかわいくて下痢をするのをみすみす飲ませるのかと反発するのが今の母親だ。では牛乳を飲ませなければ、他にどうしたらよいか、という対処の方法は何もない。
確かに、嫌がる子どもに、ただ牛乳を飲め飲めと言っても、これは飲まない役割がある。父親が子どもの目の前でしょっちゅう飲んでいればいい。しかもうまそうにだ。子どもというのは、何となく大人の真似をするものだ。それをせずにガミガミ言っても無駄というものだ。
こに父親のわたしが子どもの頃は、牛乳が嫌いで、トマトが大嫌いだった。どうしてもトマトを食べないといって、家の中から締め出されたこともある。

経験が基礎として必要なのである

そうなると、こっちとしてはいよいよ反発してしまう。それよりも、両親が眼の前でどんどん食べればいいのだ。牛乳をガブガブ飲めばいいのだちょっと時間をかけて真似をさせればいいそれと、思春期になってくると、異性を意識しだすので、これを食べないと背が伸びないとか、肌がきれいにならないなどと言って、嫌いなものを食べさせるチャンスでもある。何ごとも工夫しなければ前進はないのではないか-父親は反応過敏症にならない強い心を持てわたしは本来、牛乳はあまり好まなかった。だが、近頃は年を感じるようになり、いちばんこわいのは骨折だと思うようになった。ある年齢になると、ひとたび骨折すると若い者とちがってなかなか治らない。またちょっとした骨折が引き金になって、ほかの病気をひき起こしたり、ほかの病気をさらに悪化させたりする。
そこでわたしは数年ほど前から牛乳を多くとることを始めた。あまりうまくない。しかも下痢をする。だがわたしには信念があるからかまわずどんどん飲んだ。不思議なことに1週間ぐらいすると下痢は全くしなくなった。

 

教育を考え哲学をかじり政治に関わりするなど人生

しつけについてもね。おまけに牛乳がうまくなった。だんだんふやして今は一日に四、五本は飲む。外来の診察時間中にもお茶代わりに牛乳を飲む。寝る前にも11本は飲む。旅に出てホテルの朝食にもコーヒーや紅茶はやめて牛乳を飲む昔、ホテルの朝食に牛乳を飲んでいる人をブベツのまなこで見ていたのだが、今は人からブベッの目で見られる立場になった。放送局などでも、
お飲み物は?と聞かれれば、以前はコヒーと言ったのを今は胸を張ってホット·ミルクと叫ぶ。わたしはまだ冷たい牛乳をがぶがぶ飲むことはせず、一応あたためて飲んではいるが、そのうちチャンスをみて次第に冷たい牛乳にも挑戦しようと思っている。
要するに、一時の反動の時期を乗り越えればいいのだ。これには勇気が少しおおげさだがいるが、多くの世の親はその勇気がないのだ。

体験は実生活で必ず役に立つでしょう。不眠症の人が入眠剤をやめるのがこわくて、なかなか泥沼から抜け出せないでいるのも、要するに勇気がないからであるとにもかくにも、子どもの言うことにいちいち反応し、その反応をあらわにすることがいちばん悪い。しかも、その反応が最も強く出やすいのは母親であろうから、ここに父親の役割があるのではないか。父親は子どもへの安易な反応への防波堤の役目を果たさなければならない。そのために、父親は母親へニラミをきかすだけの自信と強い心を持たねばならぬのだ。
-子どもの甘えと親の期待過剰が家庭内暴力を引き起こすいくつになっても子は親から離れず、親は子を離したがらない親は子どもの一挙一動に一喜一憂する。一見まことにうるわしい情景だが、どこかおかしい。自然に反している。厳しい世界に生きる生物の姿ではないHigh Emotional Family - ハイ·エモーショナル·ファミリーといって、情緒過剰家族と訳しているが、この情緒過剰家族の中では、精神分裂病の再発が多いという貴重な報告が長崎大学精神神経科から出されている。

子どもにビールを飲ませたりする親がある。

先生から言われるとピリリとした。これは日本だけでなく世界的な調査の結果であるグローバル大学の入学試験に母親がついて行くという話はさきほども述べた。かなりの年月がたつが、すっかり定着したかのようにみえる話題である。大学のみならず、そういう人間が社会人になってもこの関係は影響する。こうした家族は情緒過剰家族と言える。
複雑な人間関係や、複雑な機構をたくみに生き抜き、勝ち抜いてきたビジネスマンが、自分の属する組織団体に適応し過ぎて、本来の自分の姿を見失い、心身の異常を訴えることがある。これを過剰適応というが、こういう人間には、情緒過剰家族の中で育ってきて、過剰密着の親と子の関係を持つ者が少なくない。

子どもたちに対する

母さんの後ろに隠れてしまいます。初老期を迎えても、こういう
精神的離乳のできない不幸な人も案外と多いこのような関係の前面に登場しているのは母親だが、その母親の背後に必ず父親の姿が見えるのだ。父親が母親に多かれ少なかれ何らかの影響を与えている。
甘えに支えられた親子関係を世人は過保護という言葉で片づける。なるほどその通りであるが狭義の過保護だけで子どもは家庭内暴力にまで至らない。
単なる甘やかしだけでなく暴力への道程には必ず過剰な期待が存在している。もっと具体的にいえば、過剰なる期待が過度の干渉を生み、その干渉が子どもの暴力に発展すると言っていいと思うのだ。
祖母を殺した早大高等学院生、惹き起こした開成高校生の場合、激しい家庭内暴力の末、父から殺され、さらに母親の自殺までもいずれも親の過度の干渉
が底流に横たわっていた。


先生から言われるとピリリとした。 子どものためによかれと思って 父親がピシャッと抑えたあ

先生から言われるとピリリとした。

子供が逆に非難の的になるというのです。

学習することになります。

という関係は、母親とちがって、より理性的かつ客観的な目で子どもを見ることができるのが父親なのである父親というのは清濁併せ呑む大きさがなければならない。母親が細々と気配りするなら、父親は大きな包容力で子どもを包みこむ。この父と母の世界の中でこそ、子どもはのびやかに自己を磨いていくことが可能なのだ。
-子どもには父親のカラッとした態度が必要ださて、もう一度、登校拒否児のような問題児が背を向ける親たちにスポットを当ててみよう。
数々のケースを分析して気がつくことは何か父親は一家の中心的存在とは言いがたく、母親は子どもの話を聞くどころか、子どもの話をさえぎり、いや、話をするいとまも与えずに自分だけがしゃべりまくる。

子どもが大病で入院していたとして

子どもは子どもで母親に相談することなど念頭にもなく、ただひたすら母親の言いなりになっている。つまり親と子の間に対話がないのだ子どもの本質は、まず親に自分の考えをぶつけ、それを厳しく評価され、批判され、あるいは拒否されることによって、次第に己れ独自の考えを持つようになるところにある。べつの表現をすれば、この過程で子どもの体験する心の葛藤が、子どもの精神的成長をもたらすのだ。ファザー·コンプレックスやマザー·コンプレックスはこの大事な過程を阻害する要因となるわけだ。

 

子どもの頭にインプットされます。

子供たちはみんな右を向けと言えば右女性がこの過程をたどらずに長じて嫁にいくと、事あるごとに実家に帰ることになり、ひいては姑と嫁の対立、姑の息子つまり夫との三角関係の原因にもなりかねない。親のほうも娘はもう他家へ嫁にやった者だという基本原則を往々にして忘れがちである。娘が実家の行事に一、二日手伝いにやってくるのは当り前としても、少し長期になれば、娘の夫や、夫の親に不快な感情を与えることになることに気づかねばならぬ。その辺のことは、実家の両親の気遣いも大切である。
さともっともすでに亡きわたしの母のように、久しぶりにやって来た娘の顔を見るやいなや、リなさいと命令するのもいささかオーバーだとは思うがすぐ帰その母は、わたしが海外へ出かけるときに必ずこう言ったものである
わたしが死んでも帰って来ちゃダメよ、予定の仕事をぜんぶ済ませて帰ってくるのよ。

育ててはいけないて来たって、わたしが生きかえるはずもないじゃないの早く帰っさて、話を元にもどすが、まとめてみようかつて世を震かんさせた
開成高校生事件はどんな家庭に生じたかを○本人がひとりっ子である0父親が内気でおとなしい0反対に母親が積極的で一家のイニシアティブをとっている0祖父母が同居している
経済的環境に恵まれているざっと右のごとくだが、父親はおとなしく生マジメな人で、ムコ入りのようなかたちで、奥さんの両親と同居していた。

子どもの部分が大きいものです。

子供が立ち上がると私の方をむいて飲食店を経営していたが、アルコールには弱かったという。実際の経営はむしろ奥さんがしていたというフシがある。父親はただオロオロするだけで万事母親のやることに従っていただけだった。
悲劇はこういう父親に芽生えた。息子の暴力に追いつめられ、マジメ過ぎて、それに対処できず、自らの心の発散もできず、さりとて凄へ意見することもかなわず、マジメ人間特有の、ガマンにガマンを重ねたすえの爆発によって、ある日の深夜、ついに息子をしめ殺してしまったのである。
おそらく、反対に父親が一家の主導権を握っていたら、この悲劇は起こらなかったにちがいない。
子は親のいためつけ
を深層心理の中で待ちつづけているのだ。
子どもや若者の最も嫌うものは、執念深く陰にこもったグチであり、皮肉であり、重箱のすみをつっつくような干渉であり、反対に彼らが最も好むものはあっさりであることを忘れないほうがもう一つ、悲劇をもたらしやすい親にある程度共通したものは、何事も金に換算する考え方だ。

学校を親に反対

父親がわずかずつではあったがを開いてきてくれた。子どもを叱るのにもすぐ経済のことを持ち出したりする。一般的経済論ならまだマシだが、こまかい経済論になるからまずいのだ。
われわれの生活は経済によって成り立っていることは事実で、それを認めるのにやぶさかではないが、世は経済のみではないという考えを子どもの頭にしみこませるのも親の責務のひとつだろう。
物と心の両方のよきバランスを示してやることが必要である。どちらに片寄ってもいけない。

父として子どもにどう接するか

父·茂吉はどのような人間だったか--粘着性で几帳面な性格だった父·茂吉ちょっと、わたしの父·茂吉がどのような人間だったのかを語っておこう。
わたしにとって父がどのような存在だったのかを知っていただくためである。
人間の性格を最も簡単に分類すると次の五つになる。
1は、内に閉じこもり、あまり社交的ではない性格11は、外に向いた、口八丁手八丁の社交型。前進型。


子供が立ち上がると私の方をむいて 体験をした時 先生との相性が悪い場合の工夫それぞ