成長の途上で心も体も不安定なのです

子どもの世界

かなり高い神社の塀から落ちて、骨折したこともある四谷の家へ引っ越してきた当座は、屋根に登ったり、月光仮面の真似をして、塀から飛び降りたり危ないことを平気でやる。器用で何をやってもうまい。長じてはマラソンをやれば1等になる。グライダーにも乗る。とうとうカー·レーサーまでやってしまう。しかし、それもある年齢までで今はすっかり落ち着いている。
次男のほうは、あちこち目が向かないで、趣味はただ一つ。ヒコーキマニアである。
ら原稿を頼まれるまでになった。そして黙っていても医者になっ航空雑誌か考えてみると、長男はほとんど放ったらかしだった。子どもの面倒を見る余裕がなかった。
ために親は、一生懸命だったから、そのために野育ちだ。粗衣、粗食で育っている食ういちばん辛い時期が過ぎて、日本全体に多少のゆとりが出てきた頃に次男が生まれた。
11年はずいぶんとちがった。



母親になるということはすばらしいことです。
子を大切に育てられるだけの余裕ができていたあの頃のわが家では、長男と次男の公式の逆をいく性格の違いの要因のひとつがそのへんにあると思うむろん、環境だけでなく、素質というものが一枚かんでいることは、精神医学の常識であるからこの事は忘れてはいけないが、従来はこの環境というものが忘れられがちであったから、わたしはあえて、環境に重点をおいてこの項を書いたのだ子どもの自主性を尊重するのは、父親の役割こんなことがあった。

  • 子どもたちはいろいろに思います。
  • 母さんなんか大ツ嫌い!
  • 勉強していくものだと思います。

教育ではくさんある。

子供にぶつけ女房は子どもの頃からバッハ、ベートーベンを聴くというような音楽的な子どもたちの情操教育を音楽でやらせようとしたのも無理はなかっ家庭で育ってきたので、当然、長男に、バイオリンの先生をつけたが、その先生が厳しくて、宿題は出す、やってこないとビシビシやる、それでとうとう先生のところへ行かなくなってしまった。それでも家内が手を引いてむりやり連れて行くということが、二、三回はあった。しかし、そのうち長男は断乎として拒否するようになった。
わたしはこれは合わないと感じて、思いきってやめさせてしまった。ところが、それから何年かして中学生になったら、音楽に夢中になったのだ。グループサウンズを結成して、コンクールで一位か二位になったりした。
成長の途上で心も体も不安定なのです

母さんはこのような人だろうと思う音楽的な素養は充分にあったわけだ。だが、小学生の頃は一種の強制で
自由意志でなかったので、逃げたりしたのだろう。もっとも子どもの頃に前途を見通すだけの能力などはありつこないのだから、ある意味での強制が必要なこともあるだろうが、これはだめだと見極めをつけたら、さっさと見切りをつける勇気も必要だ。
その場合は、母親よりもむしろ父親の役目だ。
そんな母親を説得するのは父親の出番なのだ。
母親はどうしても、子どもに何でも習わせたがる。
ただ、たとえ下手であっても本人にやる気があったり、楽しみの一つであれば、続けさせればよい。往々にして、こんなことをしたってお前の一生に何の役に立つのかと世の父親、母親はよく言いたがるが、もし余力があれば何でも経験させるべきだ。そのために、落第したり、本来の勉強がおろそかになるようだったら話は別だが、人生の実利とは無関係でも夢中になれるものが、二つや三つあってもいいのではないだろうか。

教育改革の具体策として論議されているようです

母親はどうしても実利的なことに結びつけたがるが、そんな時は、父親が子どもの味方になってあげる必要がある。
次男は今は飛行機専門だが、子どものころは天文学に夢中だった。
トして、一晩中空を眺めていた。
冬の寒い夜でも望遠鏡をセッ一つのことをとことんまでやりそうだと思ったら、少々のことには目をつぶるべきだ。子どもが本気でやろうとしているのかどうかはすぐわかる。ひと月もすればすぐ飽きてしまって、次のことに夢中になるようではだめだ。三カ月、四カ月とそれに夢中になっていたら、これは本物だから許してやらなくてはいけない。
子どものことだから、本格的に長続きすることばかりではないかもしれない。
母親への依存度が高い子ほど危険一時期しき

中学へ行くまでの十二年間親の方

子供を一人前の社会人へしかし大人になってからでも、夜空の中から遠い星を探し出した感動とか、そのときの情熱というものは人間的な糧となってあとに残るはずだ。
-親は子どもの趣味には口をはさまないわたしは実生活に直接役に立たないような趣味を持っていることが、その人を大きくさせることだと思う。そういう意味で、子どもが趣味を持つということに反対はしない時に、親の目からは、もっと別のことに興味を持ってくれればいいというような趣味であっても、子どもがそれに興味を持つのは仕方のないことだと思う。

先生との相性が悪い場合の工夫それぞ

母親が立っててんで親のいらだちを相手にせず

そこへ行ってリヤカーを一週間ばかり貸してもらっておいて、いざとなったら、そのリヤカーを使うことにしていた。
ある朝、陣痛が始まったので国電で11駅ぐらいのところを、電車に乗せて病院へ連れて行ったすぐとって返して、リヤカーにふとんを積んでまた病院へ行った。そして、女房の里へ知らせに行く。当時は電話も直通ではなくて、申し込んでから何時間もかかるので、直接行ったほうが早かった。生まれそうだと知らせて、病院へ戻ってきたら長男がすでに生まれていたあんまりあっちへ行ったり、こっちへ行ったり、てんてこまいだったから、しいとか、よかったとか、そういう印象はまるで残っていない。



母さんもたくさんいます。
子どもが生まれて嬉今のように、でもあろう父親が会社を休んで、病院に行き、枕元にいてやるようなことはできなかったから退院して家に戻ってくる。赤ん坊がヒーヒー泣いても女房の母乳が出ない。今の人には考えられないだろうが、牛乳を手に入れるのに、医者の証明が必要だった。それが正規のルートだが、それでは足りなくて、埼玉県の山奥まで行って、山羊のお乳を譲ってもらって、補充したこともあるお腹がすくから、今の子どもよりもはるかによく泣く。お袋や妹は、神経衰弱になってしまう
とか、眠れないとか文句を言う。そのたびに女房は恐縮する。そんなことで、みんながギスギスしてくるそのようなグチを疎開先の父への手紙に書いたところ、子どもは泣くものだ。

  • 母さんに打ち明けたのです。
  • 子どもに語りかけている
  • 育ててゆくという意味だからです。

母さんの頭の中はもう

子どもを守ろうとするのは自然なことです子どもの泣き声は天使の声と思えという手紙が女房のところへ返って来た。田舎の父のところへ親切な人がお米やいろいろな食べ物を送ってくれる。それをそっくり、こちらへ寄こしてくれた。ただし、
これはみちこ女房のために送るんだと言ってくる。それはありがたいのだが、ほかの家族のことを考えると女房はよけい小さくなってしまい、ただ恐縮するのみであるそんなことで、長男は一番苦労して育てた。
しつけるのではなく

母親が視界から消えたとして-環境の影響で性格が逆に出たわが家の長男と次男家もこれではあまりにも狭いし、夜だけでも開業しないと食べていけないので、母もいろいろ探してくれ、世田谷の一画に別な家を見つけて、そこへ入った。そこは父を引き取れるくらいの余裕があったので、父に上京してもらった。
医局員が開業をしてはいけないという原則を、特別に許可してもらって夜だけ開業したのだが怪我でも骨折でも何でも診た。当時は精神科でござい、とおさまりかえっているわけにはいかな
かった。耳鼻科でも、眼科でも何でもやった。近所の家々のホーム·ドクターみたいになって、往診のときは、雨の中、長靴はいて歩いて遠くまで行った。やっと自転車を手に入れたときは大騒ぎだった。医師会でくじ引きに当たったのだが、ロールス·ロイスでも買えたような嬉しさだった。

子どもへの虐待といってもいいであろう。

その家は小さな庭があったので畑にして、トマト、ナスなどをつくっていた。畑仕事をしていると、患者さんが来ましたよというので、手を洗って診察したという時代だった。
母は母で事務的なことをしていた。病院の焼跡の処理とか、財産税というのがあり、現金のない者は物で納めなければいけないという物納という制度があった。青山の病院近くにあった家作を国庫に納めることになった。その家作に家賃の集金に行くと、「こんなオンボロな家、大家が何も手入れしてくれないから金を払う必要はない」などと凄まれてスゴスゴ帰ってくるといういやな思い出もある。その家を国庫に納めたりで、母も何やかやと出歩くことが多かっカカi,た長男が這うようになっても、家に誰もいないから、危なくて仕方がなぃ。女房も配給などで出ていくことが多かった。そのとき母が何をやったかというと、帯の一方を柱に、縁側から落ちない程度の三、四メートルの長さに、赤ん坊を結んでおいた。これは一見合理的だが、女房が後で青くなっていた。這っているうちに帯が首に巻きついて、窒息でもしたら大変なことになりかねないからだ。
母さんが言いきかせようとしていることのほとんど

母さんのことばをお手本にしてことばを身につける。

育て方は決して間違ってはいうちの母は平気でそういうことをする。普通の祖母であったら、抱っこしてあやしたりするのだが、面倒くさがって、帯で結んでしまうのだ。今から考えてみれば、ずいぶん危険なことばかり横行していた。
長男というのは例外があるにしろ多くは蝶よ花よで育てられるから、おっとりして、のんびして、大人の相が出てくる。しかし、弟はその反対に育てられることが多いから、すばしつこくて、目先が利いて、冒険家で、暴れん坊で、積極的になる。これが普通なのだが、わが家では反対なのであるたいじん長男は活動的で、怪我ばかりしていた。