しつけるのではなく

子どもとスキンシップをとっているほど

人間は適当に取捨選択して、どんどん変容していく。
こにのめり込んでいるということはない。
いつまでも、あるところにとどまって、そ内心ハラハラしたこともある。長男が鈴鹿のサーキットにまで出て、自動車レースをやったときのことだ。いつ命を落とすかもしれない危険なスポーツだ。ところが、今はマイカーの運転ぐらいはするが、カーレースの話題すら出ない。テレビでレースの放送をしていても、昔ほど関心を示さない。自動車のことはもう卒業している。だが、こういうことも本人にとっては決してむだではなかった。車の知識の広がりだけではなく、その世界の人たちとのつながりができ、交際範囲も広がり、本人にもさまざまなプラスになる。
わたしはある航空雑誌に、長年にわたって定期的に原稿を書いている。常連執筆者であるのに、このごろはその雑誌の忘年会にはやはり原稿を細々と書いている次男だけが呼ばれ、わたしには声がかからない。次男が、案内状が来ましたかと言う。わたしはポカンとして何だと言ったら、航空雑誌の忘年会のことですよと言う。



子どもが小さいころからいろいろなことを学ばせいろ
わたしには来ないで、伜に来る。これは半面寂しくもあるが、いやな気持ちはしない。そんなとき選手交代か、とつぶやきながら寝床でその航空雑誌をパラパラ読む。案内状が来たって、どうせ忙しく出られやしないからちょうどいいや、などと考えながら本を読む。そして心は安らいでいる
子どもに対して最低限望むこと-しつけはまず家庭の雰囲気が大切「父母の恩は、山より高く、父母の恵みは海より深し、深き恵みにむくゆるは、厚き心をいたすべし」亀谷行著
和漢修身訓
「人には子という者あって、老身の時、たすけとして孝の道を教えて、老に仕えしむるの備とす」
石上宜続著
卯花園漫録
「即ち国の本は家にあり。良家の集る者は良国にして、国力の由て以て発生する源は単に家にあって存すること疑うべきにあらず」福沢諭吉著日本男子論父母に孝、兄弟に友、くつかを並べてみた夫婦相和しという教育勅語を思い起こすような、家庭道徳を説く言葉のい戦前ならいざしらず、今の子どもたちが学校などで、こう教えられたら一体いかなる反応を呈するだろうか。

  • 子どもにももしも将来そして自分
  • 子どもの積極性や意欲は育ちません。
  • 成績はぜんぶ普通。

子どもを抱っこする場合

子供であろうが大人であろうクスクス笑い出す子どもがいるだろうし、ポカンと口をあけたまま、大人は何を言いたいのだろうと、不審顔をする子もいるだろう。今の子どもは上下関係とか権威に対して畏怖する気持ちがほとんどないので、昔のような文句は言わせない式の家庭道徳のしつけはできない。親に都合のいいことだけを、強く押しつけようとすれば、子どもはただ反発するだけだ。
わが家の場合、しつけや礼儀作法ということでは、最低限には気を遣ってきた。その根本にあるものは、他人様に迷惑はかけない
ということだ。細かいことは女房が気配りをしているので、わたしがこと細かに注意したりすることはない。家庭教育というものは、何も肩を怒らせてやるものではない。
子どもが小さいころからいろいろなことを学ばせいろ

子どもが読書の素晴らしさを実感できれば砂に水がしみこむように、子どもの柔かい頭に自ずとしみこむような、家庭の雰囲気が大事だ-父親は子どもに干渉しすぎず、保護しすぎずの態度で接するわが家の長男は決しておとなしいほうではなかった。万事に積極的で、実利的で、自ら運命を開拓するために前進するタチで、小学校から福沢諭吉先生の流れをくむ教えを受けたからよけいそういう人生の生き方が固まった。次男は、少年時代、宗教的にしつけの厳しいG校で薫陶を受けたので、はなはだ行儀がいい。自らを犠牲にしても人を助けるという教育を受けている長男の場合は、勇ましすぎて、親にたてついたことも再三あったから、こちらも怒ったり、怒鳴ったりもした。

子どものファンがいることを考え

今考えてみると、わたしが悪い場合も多かった。わたし自身が苦労して、辛い時期に、子どもを必要以上に怒鳴ったり、叩いたりしている。残念ながら、親の感情がそういうことをさせると思う。親も神様ではない。
体罰は、長男にいちばん多く加えられているだろう。下へいけばいくほどわたし自身の気持ちも落ち着いてきた。したがって、末の三男がいちばんおっとりして、甘えん坊で人が好い。親から叱られた度合いが一番低いからだ。反面、あまり無茶をせず、穏やかすぎるわたしのきょうだいも全く同じで一番父をこわがったのはわたしで、お父さまという評価に変わってくる。
母親になるということはすばらしいことです。

小学校一年位

母親が宿題末っ子になると
やさしいわが家の三男もウチの伝統である冒険心はあると見えて、家にいるより空を飛んでいるときが多い高校のときから大学までグライダーでとおしてきたが、いくら飛行機が好きな父としても
グライダーに乗れとはひと言も言ったことはない。正直なところハラハラしている。親父見にこないかと誘いをかけられたが、一度も行ってやったことはなかった。わたしも飛行機は嫌いではないから一度見に行ってやってもいいとは思ったが、わたしが何を聞かずとも、外でどんなことをやって、どんな生活をしているのか、よく話してくれるからそれで充分という気持ちがあったのかもしれない。
わたしは子どもに無理な期待はしていない。ごく平々凡々に生きて、結婚をして、子孫をもうけて、後世にバトン·タッチしてくれればそれでけっこうだ。格別、出世してほしいとか、ノーベル賞をもらってくれとか、そんな期待はさらさらない。