You are here: Home > >

会社設立手続きはかなり面倒です

 初めての人が会社設立をするときの会社設立手続きはかなり面倒なものがあります。

難しいということはあまりないのですがとにかく時間がかかるというのが実感です。

実際に自分で会社設立をしてみて思ったのですが、あまりにも会社設立手続きは無駄が多いということです。

どんなところが無駄かというと、定款という会社の規則をつくるのですが、この定款というのをいたるところに出さなければなりません。

かなりの無駄があるといえるでしょう。

 私の場合ですと、定款のコピーを公証役場と法務局、税務署、県税務署などがコピーしていました。

これらの役所にいって全く同じ定款をもっていくのです。

その時間も無駄なのですが、これらを個別に保管している役所も無駄そのものです。

これが会社であれば確実に倒産しているでしょう。

完全に縦割り行政の問題点がここにあります。

書類をチェックするわけでもないのに、なぜかコピーしてもっているのです。

無駄以外のなにものでもありません。

 そしてそのむだなことをしないと会社設立できないのも事実なのです。

 ですからこの面倒な会社設立手続きを代行してくれるサービスがあります。

この無駄な行政を利用した賢いサービスともいえるものです。

これを利用するとこれらの面倒なことをこの代行サービス会社がしてくれるのでとても助かる作業となります。

 これらのサービスを利用すればかなり面倒な作業をする時間をなくすことが出来るのではないかと思います。

個人的にもりようすればよかったと悔やんでいます。

そうすれば、その時間で本業の仕事ができますので。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans