セックスをされ続けるとそれが心の負担となっていきます
凝っているところをこの時にほぐしていてあげると、セックスの快感の余韻から醒めたときに全身が軽くなっています。全身を優しくさすったりしてマッサージしている間に、会話の流れや女性の表情を見ていて、時に性的な刺激をするのも良いです。乳房や乳首、性器に優しく触れるのはもちろんですが、指を膣内に入れるのもありです。また背中や足の付け根、首筋などへ羽でさするような微妙な力加減でさすることも性的な感覚を思い出させます。あまりし過ぎると女性に体力があるときは二回戦を要求されることもあります。
筋肉の特性を知ることです
次は無理なときは程々に余韻を楽しみ合う程度にしておきましょう。また、男性が二回戦を希望していて、普段疲れがちな女性に遠慮の気持ちがあるときは、このようなところで女性の反応を見ながら、お伺いを立てます。そうやって、いつも一回でおしまいでなく、お互いの体の火照り具合に合わせて二回目三回目に進むことがあるのが良いと思います。でも、あまりしつこくして、無理にもう一回したいと思わせようとはしないことです。しつこ過ぎるのは、次にセックスをするときに相手に身構えさせてしまいます。

勃起力に自律神経が影響するのは海綿体の充血に自律神経が影響を及ぼすからです
私たちは何といっても食べなければ生きていけません。食べる目的は栄養の吸収です。吸収して自分の身にするということです。そして吸収するためには、小腸の穴を通す必要があります。穴を通すためには小さくしなければなりません。小さくするには分解しなければなりません。

セックスをする意識の時にはそれは脳天と下腹部に性的な興奮として伝わります
セックスの時に重要な役割を果たしているというのが嗅覚です

即ち消化とは食物の分解作業のことになります。これに関わる器官としては、まず口(器官)です。口では歯(口を構成するさらなる部品(器官))で噛み砕くことで機械的に細かくします。唾液(唾液は唾液腺から分泌されるため、この唾液を出す物である唾液腺が器官になる)も酵素で化学的に細かくします。胃では胃酸でさらに細かくします。

筋肉を動かす
これが、女性が後背位で感じる場所となります。もちろん、急いでこの空間を探す必要はありません。この時間すらも楽しむように、ゆっくりとポイントを探りましょう。そして、空間を見つけたら初めてピストン運動をすれば良いのです。女性からすれば、じっくりと愛してもらっているという感覚で、後背位を楽しむことができる筈です。
勃起ができなくなってしまうこともあります

繰り返しになりますが、これらの変則的な体位はメインへの「つなぎ」だと言えます。何も考えず、漠然と「次はこれ」のように使った場合逆に興奮が高まってしまう可能性があります。体位を変えるときは、常に「切り替え」ということを忘れないようにすることが大切です。最後に、挿入時に「どうしてもダメだ!」という時の、裏ワザ的な緊急回避方を伝授しましょう。射精までの時間というのは、相手との相性や、体調によって変化します。